BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

寝違えの痛みが続くなら我慢せずに整骨院へ!

2021/02/13
「起きたら首が動かない」「無理に首を動かすと激痛が走る」
そんな寝違えに悩まされた経験をお持ちのかたは多いはずです。
この記事では、そんなつらい「寝違え」について紹介していきます。

▼寝違えとは
不自然な体勢で寝ることにより首に負担がかかって生じるのが「寝違え」です。
これは筋肉や靭帯などに炎症が起きていることから痛みが起こると考えられています。
一般的には検査で分かるような骨の異常などは見られません。

▼寝違えたときの痛みを緩和する方法
寝違えたときは無理をせず、なるべく安静に過ごしましょう。
冷湿布や、炎症を抑える薬も効果があります。
無理に動かしたりマッサージしたりすると悪化することがあるため、注意が必要です。

▼寝違えが治るまでにかかる日数
軽い場合は2~3日で寝違えの痛みが落ち着きます。
痛みが引いた後も軽い違和感が残ることがあります。
ひどいときや、悪化したときは1週間以上痛むこともあります。

▼痛みが強いときは整骨院や病院へ
寝違えによる痛みは数日で自然治癒することがあります。
しかし動けないくらいの激しい痛みが続くときもあります。
その場合は我慢せずに、なるべく早めに整骨院に行きましょう。
早めに治療すると、治りも早くなります。

▼まとめ
寝違えは、運転や仕事にも大きな支障が出ます。
見ためでは分からないものの、首を動かせないのは大変なものです。
「うっかり忘れていて横を向いて激痛!」ということもありますよね。
そんな寝違えでお困りのときは、ぜひよつば鍼灸整骨院にご相談ください。